丸山ワクチンとは


●丸山ワクチンの誕生
丸山ワクチン(SSM=Specific Substance MARUYAMA)は1944年、皮膚結核の治療薬として誕生しました。ワクチンの生みの親である故 丸山千里博士(元日本医科大学学長・1901〜1992年)にちなんで後に丸山ワクチンと呼ばれるようになりました。皮膚結核に対して驚くべき効果をもたらしたこのワクチンは、ハンセン病の皮膚障害、発汗障害、神経障害にも効果を上げました。

皮膚結核やハンセン病の治療に打ち込むなかで、あるとき、この二つの病気にはガン患者が少ないという共通点が見つかりました。このようにして、ガンに対するワクチンの作用を調べる研究が始まりました。
故 丸山千里博士
故 丸山千里博士

1964年の暮れ、丸山は実際のガン治療にワクチンを用いることを決意し、知り合いの医師にワクチンを使ってみてくれるように依頼しました。そのうちに、あちこちの医師から「ガンの縮小がみられる」などの報告が届くようになります。なによりも驚いたのは、ワクチンを打った末期ガンの患者さんの中に、ガンと共存して何年も元気に暮らす人が現れるようになったことです。

「ワクチンを使えば、人がガンと共存できる道が開けるのではないか?」丸山は、体からガンを排除する従来の治療法ではなく、ガンを体内に宿したまま生きる方法もあると確信し、こうしてワクチン療法によるガン治療が始まりました。


●丸山ワクチン・4つの特長
丸山ワクチンの4つの特長について述べておきましょう。

(1)副作用がほとんどない
(2)延命効果が見られる
(3)自覚症状の改善が図れる
(4)ガン腫の増殖が抑えられる

(1)副作用がほとんどない
丸山ワクチンは細胞に対して毒性を持たず、副作用の心配がほとんどありません。だからどのような段階のガンであっても、また、患者さんの体の衰弱が激しくても、長期にわたって安心して使うことができます。進行したガンの患者さんで、10年、20年とワクチンを続けておられる方も珍しくありません。患者さんにとって最大の利点です。

(2)延命効果が見られる
現在、ワクチンを使う患者さんの中には末期ガンと呼ばれる段階の方が多くいらっしゃいます。その半数以上は、体が弱りきっていたりガンの転移が広範囲に及んでいたりして、手術療法や放射線療法などの治療法を選択できません。そうした患者さんが丸山ワクチンで5年、10年と長期延命できることは非常に大きな意味をもっています。

(3)自覚症状の改善が図れる
ガンが進行すると痛みや貧血など、患者さんにとって大変つらい自覚症状が現れますが、丸山ワクチンにはこうした苦痛をやわらげる作用が期待できます。自覚症状が改善されることで、たとえ体内にガンが残っていたとしても、患者さんは通常の生活を送ることができるようになります。

(4)ガン腫の増殖が抑えられる
ワクチンを続けていくと、コラーゲン(細胞と細胞をつないでいる線維状のたんぱく質)が増殖しガン細胞を封じ込めます。ガン細胞が周囲の組織に侵入しようとしても、コラーゲンの線維が追いかけてがんじがらめに包囲します。この「封じ込め」作用が、ガンを縮小し、場合によっては完全に消し去ることもあります。
ページのトップへ▲


●治療実績をあげる丸山ワクチン
1964年に丸山ワクチンがガン治療の現場で用いられるようになって50年以上の年月が経過しました。ワクチンの治験は、国公立の病院をはじめ全国の病・医院で実施され、丸山ワクチンの投与を受けた患者さんの総数は2015年12月末で399,787人に上っています。

図は手術でガンを取りきれなかった患者さん126名を対象に、抗ガン剤のみの治療(Aグループ)と抗ガン剤と丸山ワクチンの併用治療(Bグループ)の2群に分けて生存率を調べたものです。治療を開始して50カ月の生存率は、ワクチンを併用したグループは、抗ガン剤のみのグループより15.2%高く、これはワクチンを併用すれば1000人あたり152人の割合で延命効果があることを意味しています。
胃ガン非治癒切除症例の生存曲線(Kaplan-Meier法)-解析II-
胃ガン非治癒切除症例の生存曲線
「基礎と臨床」Vol.17 No1 Jan '83より
ページのトップへ▲


●ガンの増殖を抑える丸山ワクチン
そもそもガンはどういう病気なのか
人体はおよそ60兆個の細胞が集まってできています。ガンは、この膨大な数の正常細胞のうちのたった一つの細胞が、ガン細胞に変化するところから始まります。正常細胞がガン細胞に変わると、次のような特徴を持ちます。

<無限に増殖する>
ガン細胞は宿主(患者さん)から栄養をとれるだけとって、ひたすらふえ続けようとします。

<浸潤する>
ガン細胞はたんぱく質を破壊する酵素を出し、周囲の組織や臓器の壁を食い破って体の奥深くへ侵入し広がっていきます。

<転移する>
ガン細胞は群をなすまでに成長すると、血液やリンパ液に乗って体の別の場所へ移動し、移動した先々の組織や臓器を破壊していきます。

こうした性質はガンが成長するに従って現れてきます。ガンはその成長過程に即して、「早期ガン」「進行ガン」「末期ガン」に分けることができます。早期ガンのなかでもごく初期のものは「初期ガン」、また、現在はガンではないけれどもほうっておけば将来ガンになる可能性があるものを「前ガン病変」と呼びます。

早期ガンとは、ガン細胞はあるけれどもまだ浸潤や転移は起こっていない状態です。したがって、手術でガンを確実に取り去ることができ、完治も期待できます。

治療が難しくなるのは、浸潤、転移が起こる進行期以降です。この時期では、ガンが体のあちこちに転移していることが多く、手術によって完全にガン病巣を取り除くことが非常に困難となります。また、ガン細胞が広がるにつれて、臓器や組織の正常な働きが侵され、患者さんの全身状態も悪くなるという問題も生じます。

このようにガンは進行するにしたがって性質が変わっていくので、治療の取り組み方も初期、早期と進行期以降ではおのずと異なってきます。

ガン治療の三大療法
ガン治療の三大療法といわれているのが「手術療法」「放射線療法」「化学療法」です。丸山ワクチンを用いる治療法は第四の療法と言われる「免疫療法」に属します。

<手術療法>
ガンを排除するという点で、病巣が限局している早期には最も理にかなった治療法で、完治する例も数多くみられます。ガンが進行し、肉眼で見ることのできない小さなガンが散らばっている場合、手術で完全に取り除くことは難しくなります。

<放射線療法>
技術は格段に進歩し、高い治療効果を上げています。被曝線量は以前に比べかなりコントロールできるようになっていますが、他の治療法と同様、ある程度の副作用(白血球の減少、吐き気、食欲不振、手足のむくみやしびれ、皮膚のかゆみやただれ)が見られることがあります。

<化学療法>
薬(いわゆる抗ガン剤)でガンを破壊する治療法です。ただし、一般に抗ガン剤は副作用の強いものが多く、腫瘍を小さくできる反面、嘔吐、発熱、全身倦怠、白血球減少などの副作用は患者さんの体を衰弱させます。副作用の影響を考えると、ガンが進行し患者さんの体力も弱っている場合、抗ガン剤の使用には慎重な検討が必要です。
三大療法はいずれもガン細胞を排除・攻撃するという点に主眼がおかれています。医師はガンの種類、進行度、患者さんの体の状態に応じて、これらの治療法の中のいくつかを組み合わせて治療を行います。早期ガンであれば、ガン細胞の数が少ないうえに発生した場所も限られているため、病巣をねらい撃ちするこれらの局所療法は大いに効果を発揮しますが、ある程度副作用が伴い、また、ガンの進行期以降には効力を発揮しきれないという限界もあります。


丸山ワクチンの働き
丸山ワクチンは免疫※の働きを調節することによって、間接的にガンの増殖、浸潤、転移を阻みます。すなわち、リンパ球やマクロファージ(生体内の異物をたべてしまう細胞)、ナチュラルキラー細胞(リンパ球の一種で直接ガン細胞を殺す細胞)などが活性化し、様々なサイトカイン(生理活性物質、例えばインターフェロン)が誘導されることによってガンにとって環境が悪化し、ガンは自滅していくわけです。

もう一つ大きな作用としては、コラーゲン(体内の細胞と細胞の間を埋める結合組織)の増殖作用があります。ワクチンの注射によって、多量のコラーゲンがガン細胞の周囲に作られ、ガンを封じ込めてしまいます。同時に、ガンの栄養補給路もコラーゲンが遮断してしまい、ガンの増殖、転移を阻止します。
※免疫:
  人体には侵入してくる細菌やウィルス、ガン細胞など、体に不利益をもたらすものを処理しようとする防衛能力が備わっています。この防衛システムを免疫といいます。しかし、ガン細胞はリンパ球が「敵」と見破るためのきわだった抗原を持たず、監視網をくぐりぬけて増殖します。
ページのトップへ▲


●幅広い部位のガンに有効な丸山ワクチン
免疫療法であるので、ガンの部位・種類を問わず対象になりえます。

SSM使用ガン患者数
(使用期間30日未満は除く、2013年)
3年以上
単位:人
5年以上
単位:人
患者数
単位:人
3年以上使用率
単位:%
5年以上使用率
単位:%
胃ガン 6,202 3,957 44,004 14.09
8.99
肺ガン 2,417 1,360 26,719 9.05
5.09
大腸・直腸ガン 3,673 2,340 22,943 16.01
10.20
乳ガン 4,173 2,795 12,704 32.85
22.00
子宮ガン 1,920 1,273 7,301 26.30
17.44
食道ガン 484 290 4,190 11.55
6.92
胆道ガン 328 182 5,007 6.55
3.63
卵巣ガン 1,103 684 5,586 19.75
12.24
肉腫 303 194 1,630 18.59
11.90
膵ガン 486 302 8,072 6.02
3.74
上顎ガン 261 165 1,111 23.49
14.85
咽頭・喉頭ガン 641 419 2,684 23.88
15.61
肝ガン 1,067 565 9,764 10.93
5.79
膀胱ガン 647 437 2,322 27.86
18.82
脳腫瘍 365 243 1,784 20.46
13.62
皮膚ガン 102 64 404 25.25
15.84
精上皮腫 110 72 271 40.59
26.57
悪性リンパ腫 404 291 1,678 24.08
17.34
舌ガン 292 214 1,090 26.79
19.63
縦隔腫瘍 99 59 528 18.75
11.17
悪性黒色腫 117 80 486 24.07
16.46
脊髄腫瘍 32 21 154 20.78
13.64
多発性骨髄腫 78 38 367 21.25
10.35
尿管腫瘍 96 65 454 21.15
14.32
前立腺ガン 580 381 2,081 27.87
18.31
混合腫瘍 22 16 53 41.51
30.19
甲状腺ガン 418 277 1,062 39.36
26.08
耳下腺ガン 67 42 328 20.43
12.80
腎ガン 448 266 2,209 20.28
12.04
白血病 64 39 418 15.31
9.33
その他 2,356 1,591 11,085 21.25
14.35
総計 29,355 18,722 178,489 16.45
10.49
(使用期間5年以上の統計作成のため、患者数は1979年〜2008年の登録数)
※ワクチン使用者のうち30%以上は1クール(40日)内で終了しているというデータもあります。表は単純集計のため、「3年未満」の中には、回復によりワクチンを終了した人や途中で追跡調査ができなくなった人が含まれます。
ページのトップへ▲


●丸山ワクチンの治験を受けられる病院
病院の指定や制限はありません。全国どこの病院、医院、診療所でも治験は受けられます。医師の了解が得られましたら、治験承諾書、SSM治験登録書を書いていただき、お申し込みください。
治験承諾書等リンク→
ページのトップへ▲


●有償治験薬とは
治験とは、開発された新薬を厚生労働省が承認するのに十分な要件(有効性があるか、副作用はないかなど)を備えているかどうかを、一定の条件(病名、病状、併用薬など)に適合した実際の患者さんに使ってテストすることです。いわば実験ですから、治験薬は本来無料で提供されます。しかし丸山ワクチンは、限定された方だけではなく、希望されたガン患者さんはどなたでも使うことができます。この点から、特例として1981年厚生省(当時)は、実費を患者さんに負担して協力していただく治験薬=有償治験薬ということを認めました。

ページのトップへ▲
丸山ワクチン
Copyright (C) 2003-2010 THE RESEARCH INSTITUTE OF VACCINE THERAPY
FOR TUMORS AND INFECTIOUS DISEASES
NIPPON MEDICAL SCHOOL